2022/06/14

カポタスト

追記再掲載です

カポタストは数多くの製品がありますが下の画像は世界的に普及しているSHUBB CAPO(シャブカポ)です、唄う人のキーに合わせて移調が必要な時などにネックに取り付ける事で簡単に移調が出来る便利な小物です

 


 

クラシック用(左)フォーク用(右)と2種類在ります、良く見ると、幅と弦を押さえる部分のアールが違います御間違えの無いように、、、 

以下サウンドハウスさんの商品紹介のページ(2022年1月)

L1はアルミ製(軽い色が選べる)

S1はステンレス製(シルバー)

C1はブラス製のニッケルメッキ(シルバー)

C1Bはブラス製(黄金色)

当スクールで販売は行っておりません、上記リンクの信頼出来るサイトからの購入をお勧めしておりますm(__)m

アルファベットの横の数字の1はフォークエレキギター用・2はクラシックギター用3は12弦ギター用・他にバンジョーやウクレレ用もある様です

 私は旧タイプを長年使っていますが、最近入手した軽量のLも使いやすかったです、以前からの単純な構造のL1・C1Bタイプがしっくりきます

フラットやシャープが沢山付いている調の曲を易しい調に変更し(移調)カポタストで高さを調整する使い方も出来ます

E  F#m  G#m  A  B7  C#mと言うコード進行はカポタスト4フレットにつけると
C  Dm   Em   F   G7  Amという弾きやすいコード進行になります
 

カポタストを装着するとフレットの高さまで弦高が下がりますので、ナット溝の高さが未調整のギターでも弾きやすくなるオマケもあります ^^ 

 

追記しました 

ギターを始めたばかりで指が開き(届き)難い場合3〜4フレット辺りに装着すると弾きやすくなります、慣れてきたら徐々にカポタスト2〜1フレットと徐々に下げ、最終的にはカポタストを外すと言う練習も出来ますね

因みにシャブと言う何かヤバイ名前ですが^^: リック・シャブさんが社長なんだそうですm(__)m

==========================

教室のブログに超お買い得ギター・ウクレレの記事を何度も再掲載する理由ですが

レッスン時に楽器の購入方法を尋ねられた際、限られたレッスン時間を有効的に使いたいので、説明や購入方法をブログから知って頂く為に見つけやすい最上段に記事を再掲載します

==========================

 

王子ミュージックスクールHP

東京都北区JR王子駅30秒のギター、ウクレレ、作曲教室、 指導経験豊かな講師が丁寧なレッスンを御提供 、楽器が初めて楽譜が苦手な方も安心して入会頂けます、 時間たっぷり60分の個人レッスンが3000円で受講頂けます 、まずは無料体験レッスン受講しませんか?教室HPのお問い合わせページからお申し込み頂けます(^^)



ウクレレ弦

再掲載です ウクレレは弦により音質、音量、弾きやすさが思ったより変わることがあります 弦専門有名メーカーの他にウクレレメーカーが発売の弦、ギターなどウクレレ以外の弦を流用したりと過去に色々と試してみました 私が一番好きな弦は国産の『ワース』 と言うメーカーのクリアータイプです、ゲ...