2021年10月20日水曜日

弾きやすい楽器・弾きにくい楽器

弾きやすい楽器で練習する事は上達に必要な大切な条件です、弦高は調整で、弦の硬さは交換で弾きやすい楽器に変えることができます

弾きやすい楽器

ナットやサドルが調整され弦高が低いと左の押さえが楽になりま
 
ネック幅は狭く厚みは薄い方が弾き易いです

細い弦(張力が弱い)が張られているとさらに弾きやすくなります、音量がやや出難く強く弾くと音がビレル事も

細い弦は張力が弱いのでネックや表面版が変形の心配がほぼありませんので、長期間弾かない時以外はペグを緩める必要ありません


弾きにくい楽器

ナットやサドルが未調整で弦高が高いと押さえるのに力が必要で
 
ネック幅が広かったり、厚みがあったりすると弾きにくいです

太い弦を張ると弦の振幅が小さくなりますので弦高を低くすることが出来ます、指の力の強い男性にお勧めのセッティングです

太い弦は張力が強いのでネックや表面版が変形する恐れがありますので弾かない時はペグを一回転位緩める必要があります

楽器は色々な弾き方に対応する調整でメーカーから出荷されます、安価な楽器はメーカーは返品されるのを避ける為、ビレの出にくい高めの設定にしているようですので、調整が必要なことが多いようです

スライドバーを使用する際は太い弦で弦高を高くする必要があります、スライドバー向けのギターはネックが太いことが多いようです
 
調整は専用の工具で行う必要があります、レッスン時間内であれば無料で致します ^^

王子ミュージックスクール 

東京都北区JR王子駅30秒のギター、ウクレレ、作曲教室、 指導経験豊かな講師が丁寧なレッスンを御提供 、楽器が初めて楽譜が苦手な方も安心して入会頂けます、 時間たっぷり60分の個人レッスンが3000円で受講頂けます 、まずは無料体験レッスン受講しませんか?教室HPのお問い合わせページからお申し込み頂けます(^^)