2021/07/29

楽器の鳴り

あまり鳴らない(音が小さい) 安価な楽器なのに良く鳴る(音が大きい) この違いはどこから?

良く鳴る楽器

振動しやすい乾燥した素材の組み合わせの楽器は、その素材の特性が音色や鳴りに反映されやすいようです、良く鳴る楽器の条件でもあるようです、弦メーカーや弦の新古の影響も意外と少ないようです
 
安価な軽い素材で特定の音だけに共鳴し偏った鳴り方をする場合もまれにあるようです、また本体内部の補強材が剥がれている場合もこのような症状が出ることもあります


あまり鳴らない楽器

振動し難い重い素材の組み合わせの楽器は鳴り難くなることが多いです、弦の特性が音色や鳴りに反映しやすく、弦メーカーの相性もあるようです

PUを付け電気的に音色を作ったする場合に音質に偏り無いので都合が良い場合もあります
、ステージ等で大音量での演奏を想定し、ハウリング防止の為あえて鳴りにくい設計にしているエレアコも存在します

 

鳴る楽器(大きい音) が良しとされますが比較の問題ですので、音質、響き、弾き易さを考慮して楽器を選ぶのも一つの考え方でもあると思います


王子ミュージックスクールHP


東京都北区JR王子駅30秒のギター、ウクレレ、作曲教室、 指導経験豊かな講師が丁寧なレッスンを御提供 、楽器が初めて楽譜が苦手な方も安心して入会頂けます、 時間たっぷり60分の個人レッスンが3000円で受講頂けます 、まずは無料体験レッスン受講しませんか?教室HPのお問い合わせページからお申し込み頂けます(^^)





 


ウクレレ弦

再掲載です ウクレレは弦により音質、音量、弾きやすさが思ったより変わることがあります 弦専門有名メーカーの他にウクレレメーカーが発売の弦、ギターなどウクレレ以外の弦を流用したりと過去に色々と試してみました 私が一番好きな弦は国産の『ワース』 と言うメーカーのクリアータイプです、ゲ...