2019年5月30日木曜日

プリアンプ&ピエゾPU取り付け奮闘記

ヤフオクでアリアのフラメンコカッタウェイのエレアコを落札しました、美品でとても弾きやすく生音も良く、過去弾いてきたナイロン弦のギターの中でベストの気持ち良さで弾けるギターです

出品者は生音のみで演奏する方で出品時に小さいアンプでの出音を確認しただけのようです、残念ですがツマミ類のガリがひどい、、、そのような訳でプリアンプの交換を思い立った次第です

元々付いているSHADOWは(右側)高いので、音質はそこそこで良いのでアマゾンの評価欄を見て中国製3999円のプリアンプとピエゾのセットを注文した物が(左側)届き見ると何とFISHMAN301喜んで良いのか複雑な思いに、、、中国製品って、、、
 

 
 
元の物より大き目なプリアンプを入れるスペースの加工、しかし側板は軽く削るだけでも非常に割れやすくドリルに木工用ヤスリを付けて1時間位格闘し教室は削り粉だらけに、、、
 


弦高が高くなる分サドル底面を慎重に加工し取り付けるも極端にバランスが悪く5弦6弦は大きい音、1弦2弦は小さい音、、、
ネットである記事を見つけ『フレキシブルなタイプのピエゾPUは先端5mm位は感度が低いので先端側をに長めに仕込むと良い』と、さらにサドルがキッチリと作られきつ過ぎると『ピエゾに振動が伝わらず音が出ないことがある』と、音量のバランスが小さい弦の箇所のサドル側面を削り調整、、、
この為にあれこれ10回以上は弦を付けては外しし調整、途中くじけそうになりましたが何とか使えるバランスになりました、価格の割にノイズも無くピゾエとコンデンサーマイクのブレンドも出来チューナーも正確(当たり前?)音も使える音で満足してます
 


一番左が今回のプリアンプに半田で直付け結線の3mm径のフレキシブルなタイプ、その為他のタイプのプリに差し替え出来ない
左から二番目が元々付いていた0.5mm厚のフレキシブルなタイプで2.5mmプラグで結線する仕様なので他のプリへ付替が可能だが取り外す時に断線させてしまったのか発音しなくなり廃棄
左から三番目は3mm厚の一般的なタイプで2.5mmプラグで結線する仕様なので他のプリへ付替が可能、サドル溝幅より僅かに幅広で今回は使えず
左から四番目は1mm厚の一般的なタイプで2.5mmプラグで結線する仕様なので他のプリへ付替が可能

懲りずに下の写真の教室のレッスン用のヤマハのアコギに仕込みました見た目が格好良いのですが、何しろ1108円のプリアンプですノイズ(サーッ音)が乗りチューナーも不良で誤作動します、ギターに空けた大きな穴が残念です(涙)
 


アンダーサドルの音が好きになれずこれまでコンタクトかマグネットタイプのPUを使って来たので、アンダーサドル(ピエゾPU)は形状が数種類ある上にフレキシブルなタイプのピエゾPU取り付けの大変さを知った次第でした、奮闘後の結論『専門のショップへ依頼するのが良い』です


王子ミュージックスクール

楽東京都北区JR王子駅30秒のギター、ウクレレ、作曲教室、 指導経験豊かな講師が丁寧なレッスンを御提供 、楽器が初めて楽譜が苦手な方も安心して入会頂けます、 時間たっぷり60分の個人レッスンが3000円で受講頂けます 、まずは無料体験レッスン受講しませんか?教室HPのお問い合わせページからお申し込み頂けます(^^)